【アクション
 プログラム21とは】
【組織、及び業務・
 職務に関すること】
【税務会計ビジネスにおける将来展望】
【職業会計人における新人キャリアパスの創造】
【用語一覧】







【Privacy Policy】

吉田篤生会計事務所 アクションプログラム21

組織、及び業務・職務に関すること
<業務・職務における意味の定義などの、前提条件>

 
職務とは、会計事務所における具体的な知的成果物の形であり、
その形が関与先に対して提供されたものならば、その形は請求書における請求項目、
及び請求明細となっていなければならない。



 さらに、職務の手順を詳細に記述したものは<職務の処理手順書>となる。
従って、<職務の処理手順書>の完成度の基準は、その処理手順書を参考にすれば、
その職務の75%は、経験の有無を問わずに完遂できるものでなければならない。




 業務とは、職務の集合体である。担当とは、その業務を担っている当事者のことを意味する。
担当は、複数の担当となることもありえる。


                      
 ※ワークカード:業務終了報告書

上へ戻る

2003 Copyright © Yoshida Accounting office All Rights Reserved.